HDDデータ消去サービス

1

万全のセキュリティ

使用済情報機器に搭載されているハードディスクドライブ(HDD)には、多くの情報が記録されており、万一にも流出した場合には致命的な損害をこうむる危険があります。CTCテクノロジー(CTCT)では、そのような皆様の問題を解決すべく、DOD5220-22M規格に準拠した確実なデータ消去サービスを提供し、お客様の情報管理・データ保全作業をお手伝い致します。

2

2つのデータ消去方法

お客様のニーズに応じてハードウェア消磁、ソフトウェア上書きの2とおりの方法を選択できます。

3

オンサイト作業

お客様のサイトへお伺いし作業することで、更に高いセキュリティを提供します。

4

マルチベンダー対応

弊社の消去サービスはハードウェアベンダーを選びません。
また、幅広い規格に対応しています。詳細に関しては弊社サービス拠点にお問い合わせください。
(Windows / Solaris / Linux / UNIX / OS2 / AIX等)
(SCSI/IDE/W-SCSI/ファイバチャネル等)

HDDデータ上書き消去サービス - ソフトウェア上書き

複数の数値パターンでデータを上書き消去

ポイント

DoD5220-22M(弊社推奨)やNSA等、複数のデータ消去規格に対応

同時に複数台消去可能で時間短縮

同時に複数台消去可能で時間短縮
このような状況に向いています

リース物件の返却
データ消去後のHDD再利用

磁気媒体消磁気サービス - ハードウェア消磁

※データ消磁後のHDD再利用はできません。

強い磁気をかけることでHDDに残った磁気情報を破壊します。

強い磁気をかけることでHDDに残った磁気情報を破壊します。
ポイント

垂直磁気記録方式HDD対応

現在主流の大容量HDDは、垂直磁気記録方式を採用したものが多くなっております。
垂直磁気記録方式HDDは、従来の面内記録方式HDDに対して使用されていたデータ消去装置では完全な消去はできません。
弊社では最新の垂直磁気記録方式HDDに対応したデータ消去装置を導入しておりますので完全なデータ消去が可能です。

※お客様のご要望にあわせてテープメディアの消去も可能です。

このような状況に向いています

瞬時にデータ消去が可能なため、本数が多い場合に有効です。
読み書きができずソフトウェア消去が行えない故障ディスクにも有効です。
(HDDのプラッタに部分的に残ったデータを完全消去)

関連サービス