クラウド型システム運用管理ツールITLifeGear

システム運用管理ツールITLifeGear

ITLifeGearとは

CTCテクノロジーの運用サービス現場で培われたノウハウが詰め込まれ、日本のシステム運用文化にマッチした、システム運用管理ツールをクラウド(SaaS)にて提供します。

お客様は、ブラウザさえあれば ITILベースのインシデント管理や構成管理・変更管理などをご活用いただけます。日々忙しいシステム運用の現場において発生するインシデント情報を発生からクローズまで記録し管理することは、サービス品質向上のために非常に重要です。

インシデント情報をシステム運用管理ツールに蓄積し管理することでナレッジとなり、その情報をサポートの際に検索・活用することで、属人化の解消にも役立ち、現場が活性化されるでしょう。

ご利用開始の際には、インシデント管理項目の選定方法や運用管理ツール自体の使い方の指導、簡易マニュアル作成などの導入支援のサポートメニューをご用意しておりますのでご安心ください。

システム運用管理ツール導入の効果

point1

サービスやシステム全体の運用状況の把握

システム運用状況の把握
日々発生するインシデントの発生状況を表計算ソフトやメールで管理すると、対応の進捗状況がわかりづらい場合があります。システム運用管理ツールのITLifeGearではインシデントの対応履歴を時系列に記録でき、その進捗状況をカレンダーで表示可能で、イベントやインシデントの状況を把握するのが容易となります。 現場の運用担当者だけではなく、お客様・営業担当者・運用管理責任者などが何処にいても、リアルタイムに状況がわかります。

point2

システム管理運用業務の効率化

システム運用業務の効率化
運用現場において、担当ごとでの業務量の偏りはよくあることですが、システム運用管理ツール上でインシデントなどの運用情報が集約・共有されると、ユーザからの問い合わせに対して情報を検索して、すぐに回答できるようになり、属人化防止、技術レベルの向上、インシデント対応時間の短縮が期待できます。 また、問題管理によって、インシデントとその根本原因を関連付け、事前に対応することで、繰り返し発生するインシデントを未然に防ぐことができます。

point3

インシデント対応時間の短縮

システム運用管理ツールを使って発生するインシデント情報を共有することでインシデントの復旧時間(MTTR)を短縮させることができます。インシデントの根本原因が分かれば、未然対応を行い、サービスが停止するようなインシデントの発生回数の減少(MTBF)が期待できます。これらはインシデント管理や問題管理をシステム運用管理ツールを用いることによって、システム運用の負荷を軽減させるための重要なファクターです。

インシデント対応時間の短縮

point4

インシデントのグラフ化による運用改善

インシデントの発生状況をグラフィカルなグラフ機能を用いて分析することで、担当者別のステータスや対応件数、重要度別の発生件数など、インシデント管理の傾向をつかむことができます。システム運用業務の改善につながります。

サービス品質、業務効率向上

主な管理機能

ITlifeGearでは、インシデント管理や問題管理をはじめとする、
ITILベースの運用管理機能を提供しております。
→ITLifeGearのインシデント管理機能

関連サービス