RBA運用自動化なら
ROCモニタリングサービス

ROCモニタリングサービスのIT監視のイメージ図

ビジネスに大きく影響を与えるITシステム。そのITシステムを安定的に稼働させるためには、リスクに備え、IT監視システムや運用体制を整える必要があります。維持管理は大きな負荷となっており、内部リソースを活用しつつアウトリソースを検討する企業が増えています。

リモートからIT監視を提供する「ROCモニタリングサービス」では、ITサービスに付随するリスクに備えるために、お客様の代わりにサーバーやネットワークといったITシステムを24時間365日監視し続け、障害発生時はただちにお客様にご連絡や障害対応支援を行うサービスです。

お客様は、IT監視に関する24時間体制の削減や監視システムの運用管理作業が軽減し、障害機器の迅速な復旧が可能となり、お客様が提供するサービス品質の向上に貢献します。

ROCモニタリングサービスイメージ

ROCモニタリングサービスでは、お客様システムに回線を敷設し、ネットワーク接続することで、お客様用監視サーバーから24時間365日システム監視を行います。

お客様はヒアリングシートに記載頂くだけで、監視システムへの設定の投入や更新・変更作業は当社担当エンジニアが実施します。
イベントが発生すると、あらかじめ設定された監視項目の内容に従いフィルタリングされ、メール通知や障害機器のRun Book Automation自動ログ取得等を行います。また、電話通知やオペレーションが必要なイベントは、オペレータが対応します。

イベントや対応した情報はお客様専用のポータルWeb(ROCポータル)にていつでも見ることができます。

効果

お客様毎の担当エンジニア

graph
当サービスでは、お客様ごとに担当のエンジニアがアサインされます。お客様に入力して頂くヒアリングシートの情報を元に監視の設定入力、設定変更、一時停止等の対応を行います。お客様の監視作業負荷の削減に貢献いたします。

イベントフィルタ率 平均97%

イベントフィルターのイメージ
IT監視では、単に設定しただけでは大量のイベントがあがってしまいますが、その多くは対応の必要がありません。全てのイベントを受け取っていて対応に困っていると言うことはよく聞かれます。

当サービスではシステムでの細かなフィルタリング設定を行っており、対象外のものは破棄し、重要度の低いものは非通知やメールのみなどの対応を行っていくことで、全イベントに対してのフィルタリング率は平均97%にもなります。

残りの3%がお客様に通知されることになりますので、重要な障害やその他の業務に注力して頂けます。

Run Book Automation(RBA運用自動化)

Run Book Automation(RBA運用自動化のイメージ
当サービスでは、Run Book Automation(RBA運用自動化)サーバーを導入しIT監視ツールと連携させることに成功しました。

IT監視のイベントをトリガーに障害一次対応に必要なオペレーション(※定型のRBA自動ログ取得)を自動で行うことができます。

イベントフィルタで残った3%のイベントのうち、重要なものは直ちにログやステータスの調査を行う必要がありますが、RBA自動ログ取得自動オプションを利用すれば、通知を受けた時にはすでに欲しい情報(ログやステータス情報)はメールでお手元に届いているでしょう。

 

主な機能

関連サービス