ROCモニタリングサービス - よくあるご質問

リモート回線の敷設は必須ですか?
フレッツVPNなどのリモート回線の敷設を推奨しております。
ご要望に応じてインターネット回線上でVPN(IPSec)を行う構成もご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。
監視サーバのタイプは何ですか?
エージェントレスタイプになります。
ポーリングやトラップ以外のサーバ内部の監視については、対象機器への管理者権限のIDとパスワードを用いて、都度ログインする形になります。
監視サーバの設置が必要になるのはどのような場合ですか?
SNMP Trapによる監視が必要な場合は、udpプロトコルのパケットロスが懸念されるため、お客様サイトに、お客様専用の監視サーバを設置いたします。
Syslogの監視をする場合は、一時的にSyslogを保存し監視をするために、お客様サイトに監視サーバを設置いたします。
アラート発生時の連絡は何人まで可能ですか?
アラート発生時の連絡は、電話とメールで行います。
電話は、お客様システムの営業時間帯と営業時間外の2つの時間帯毎に連絡先グループを作成します。各グループ3人まで登録できます。
メールは、ご指定のメールアドレスに送信します。
サーバなどのリソース状況を取得することはできますか?
はい、可能です。一般的なサーバであれば、CPU・メモリ・ディスク・ネットワークトラフィックを5分間隔で取得し、ROCポータルにて閲覧することができます。
製品保守に加入しています。追加で本サービスを利用するメリットはなんでしょうか?
システム監視からハードウェアの交換手配や復旧作業など弊社内で復旧までシームレスに連携することができます。

関連サービス