ROCモニタリングサービス - Run book Automation

RBA運用自動化ならROCモニタリングサービス

リモートオペレーションセンターでは、システム監視サービスにRun Book Automationツールを導入しました。お客様機器で障害が発生した際にそれをトリガーにRun Book Automaitonサーバが対象機器に自動でログインし、お客様に代わり自動でオペレーションを行います。これにより、障害対応が正確かつ迅速になり、運用担当者のスキル補完も期待することができます。

導入の効果

障害発生時に、迅速で確実な対応。

グラフイメージ
障害発生時の一次対応において、Run Book Automationサーバで定型のオペレーションを行うととても迅速になります。インシデントが発生した際にすぐにRun Book Automationサーバは適切な自動化フローを呼び出しそれに従い対象機器にログインを行いステータスやログを自動で取得することができます。人の手で行うオペレーションと比べて、より速く確実な作業を行うことができます。

作業ミスの削減

graph
障害発生時に当該機器にログインをして作業を行うということは非常にリスクが高く人的作業ではミスが発生しやすいですが、Run Book Automationであれば決められたコマンドを決められた手順で確実に作業を行うことができます。

当サービスでは、障害発生機器がどんな状態になっているのかを知るためのコマンド群(オペレーション)をリスト化し、それをRun Book Automationフローとして作成しておりますので、いつでも適切なログやステータスをすぐにお手元に届けられるでしょう。

属人化の緩和

属人化解消のイメージ
障害対応をする場合、担当するエンジニアの経験やスキルレベルにより、復旧までの時間に大きく影響する場合があります。担当者により必要と考えるログの種類や長さなどが異なりますので、何度も取り直すことにもなりかねません。このようなことを防ぐために特定の担当者に負担がかかり属人化してしまうことがあります。

Run Book Automation自動ログ取得オプションなら、当社が推奨する監視項目とそれに紐づく障害切り分けに必要なコマンド群により、適切なステータス・ログを取得し管理者にお送りしますので、機器のどこがおかしいのかがすぐに判断できるでしょう。

機能

関連サービス