ROCモニタリングサービス - サーバー監視

サーバー監視ならROCモニタリングサービス

仮想環境が増えてきた昨今では物理サーバー及び仮想サーバーだけでなくハイパーバイザーも混在し、障害発生時の切り分けが複雑化してきています。仮想環境でのサーバーの障害を検知するためには、複数のツールを用いて複合的に行うことが重要になってきます。ROCモニタリングサービスなら物理サーバーと仮想サーバー及びvCenter等のハイパーバイザーの混在環境においても、クリティカルな環境でのさまざまなシステム運用サービスをご提供しておりサーバー監視の十分な実績があります。ハードウェアからアプリケーションまでの幅広いレイヤに対して、かつ、WindowsやLinux/UNIX及びハイパーバイザーなどの監視実績も豊富です。

導入の効果

複雑な仮想環境へのシステム監視のノウハウ

仮想環境へのシステム監視
仮想環境のサーバー監視は特にノウハウが必要で、物理サーバーなのか仮想サーバーなのかにより、最適な監視手法が異なってきます。特に物理サーバーであればその搭載される機器のメーカに大きく依存しますが、ROCモニタリングサービスならさまざまな仮想環境で実績がありますのでご安心頂けます。

リソース情報は、ROCポータルで閲覧!

graph
障害を未然に防ぐためには、CPUやメモリの使用率などのサーバーリソース情報を定期的にグラフで閲覧できることが重要になります。 ROCモニタリングサービスならお客様専用のWebポータル(ROCポータル)にて、随時リソース情報をご確認いただけます。

サーバーのプロセス監視障害時の自動起動

graph
サーバーでは各種プロセスが常に起動してサービスを提供していますが、ROCモニタリングサービスでは常に必要なプロセスの監視を行います。また、Run Book Automation(運用自動化)機能を用いることでWebサーバーやメールサーバーの各プロセスがダウンした際に自動で起動させることもできます。

主な機能

関連サービス